今日の夕飯にキャベツを刻もうと剥いていたらちっちゃな青虫が出てきました。
爪楊枝の先ほどの細さで5ミリほどの長さ。冷蔵庫から出したのにまだ動いていました。
このりにみせてやろうと声をかけてみたら
意外に嬉しそうに寄ってきました。

虫嫌いなこのり(私も苦手)ですが幼稚園の畑でダンゴ虫に触ったり
パパとのキャンプでカエルに触ることが出来たりと
ちょっとずつでも(きっと指一本だからちょっとずつ)成長してくれてうれしいなぁ
なんて感じながらキャベツの一枚をこのりに差し出してみました。

「これ?」と指差しているので「そうだよ。青虫さんがいたね」と
声をかけるとキャベツから手を離し顔が真っ赤になりブルブルと震えだしました。
「怖い」と一言。「なんで?」ともう一度見せようとすると泣き出しました。
「ゴミ箱捨てて!!」というのでキッチンで生ごみを集めていた袋にポイッしてみたら
「くくらないと出てきてこのりの体に来るから?(ToT)」ということで
袋の口を閉める羽目に。

その後も「袋開けてない?」と念を押されながらの調理となりました。
チャンチャン。