娘がスキー初挑戦しました。

去年は六甲山に行ってそり遊びをしました。
その時にも言われたことなんですが
「スキーしたい」
この言葉は今年にも引き継がれていました。

そこでボーイスカウトのスキーに参加してみることにしました。
本当は対象年齢外ですし私も娘連れだとリーダーとして役に立ちませんが
スカウト数の減少からバスの頭数に入れてもらいました。
今回3歳で参加は娘一人ですが
日ごろの集会で会う人たちや大きな行事(餅つきとか)で会ったことのある人たちで
娘も楽しげにバスに乗りこみました。

夜行バスにて一泊三日の旅行のはじまりです。
バス中、寝ながら泣くこともありましたが
2時に目覚めた時はお目めパッチリで暗い車中30分間起きておりました。
その後は到着まで寝てくれてなんとかホテルに到着。
昨年のミッキーのホテルが印象的だったようで
「雪のとこにもホタル(ホテルの事)あるん?ミッキーのとこじゃないのに?」
と不思議がっておりましたが到着したら素直に受け入れていました。

雪のとこで遊びたい娘はご機嫌で雪球作りや一人乗りのそりで遊びました。
このため私は今回のスキーで板をレンタルせず娘に付きっ切りで遊ぶ覚悟で来ました。
 そのためのグッズ
  ・一人乗りのそり
  ・雪球を作る器械(簡単に綺麗な雪球が作れる。新雪がおすすめ)
  ・お砂場グッズ(バケツ・プリンなどのプラカップ・スプーン・スコップなど)
  ・しっかりした大き目のスコップ
  ・スキー板(プラスティックで軽い)
スキー板とお砂場グッズ以外はおさがりです。


球体を作る器械はとても楽しかったです。
コツを掴めば簡単に固めの雪球がドンドン作れました。
バケツに入れて運んだりカップに乗せてアイスにしたり楽しげでした。
大き目のスコップで50センチほどの雪山を二つも作る羽目になったのですが
山にに道筋をつけて雪球を転がすと楽しんでくれました。
お砂場グッズも雪でお砂のように遊んでおりました。

肝心のスキーですが
履かせて歩かせてみると軽い斜面で変な風に足をねじって転んでしまいおお泣き。
明日に期待したいと思います。